• 避妊薬で血栓症が起きる危険性と日本産科婦人科学会

    2016年11月1日

    現在、低用量ピルは生理不順や子宮内膜症の治療、また避妊薬として婦人科で処方されることが一般的になっています。避妊薬としては、正しく服用していれば避妊確率はほぼ100%であり、低用量ピルを服用することは最も確実な避妊方法だといえます。 低用量ピルは、エストロゲンという卵胞ホルモンとプロゲステロンという...

    記事の続きを読む